ロゴ
HOME>特集>職務経歴書を作成するなら定型フォーマットを利用するのが得策

職務経歴書を作成するなら定型フォーマットを利用するのが得策

男性

職務経歴書の役割

就職活動をするとき、応募先に提出する書類に履歴書があります。新卒者ならこの書類だけ提出すればよいでしょう。一方転職者、中途採用に応募するときは別途追加で書類を用意します。それは職務経歴書と呼ばれるもので、基本的には履歴書のようなフォーマットはありません。履歴書には氏名や住所、学歴や職歴などが書かれています。学生は職務経験がありませんから、学歴や資格の他字コピーあるなどから人物を評価します。一方転職者などは一定の職務経験があります。その経験が採用後にいろいろ役立つかもしれません。それをわかりやすく記した書類が職務経歴書です。定型フォーマットを利用すると経歴がまとめやすくなり、採用側にもアピールしやすくなるでしょう。

JOB

職務経歴書のつくり方

履歴書の作成は事実をそのまま書くだけです。名前や住所、学歴や職歴など過去の事実をそのまま書けば完成します。アピールできるところとしては自己ピーアールの部分ぐらいかもしれません。では職務経歴書はどう作成するかですが、まず職歴の中で採用側に何をアピールしたいかを考えます。営業なら営業成績が良かったことをアピールしたいでしょうし、開発職なら何を開発してきたかなどがあるでしょう。アピールしたいことが決まったら、それを引き立てるための他の職歴を集めます。職務経歴書の定型フォーマットは時系列のものが多いでしょう。これまでの職務経験をすべて書く必要はありません。アピールに必要な部分のみ選んで時系列に書けば、担当者にしっかりアピールすることができます。